お色直し用のお花ヘッドパーツの作り方!造花とドライフラワーで作ったよ!

結婚式まであと3ヶ月。いろんな準備に追われております。

5月〜6月にドレスに合わせる小物合わせの打ち合わせがあります。

それまでにアクセサリーやヘッドドレスを用意しなければいけません。

お色直しのドレスにはお花のヘッドパーツをつけたいと考えています。

しかし、普通にオーダーすると7,000円以上するので作ってみることにしました!

まずはシモジマで買い出し

以前にも紹介したシモジマで買い出し。

名古屋で花嫁DIYのアイテムを揃えるならシモジマがおすすめ!安くて可愛くて本格的!

2017.03.11

造花・ドライフラワーなど必要なものを購入しました。

卒花の友達も行っていましたが、シモジマは他のお店と比べて断然安いそうです。

ヘアピンはなかったので東急ハンズで購入しました。

全部で4,500円ぐらいにおさまりました。

お花のヘッドパーツの作り方

材料

  • 好みのお花(今回私は造花とドライフラワーにしました)
  • フローラルテープ(目立たない色で。おすすめは黒か茶色。今回は緑。)
  • 細めのUピン。ワイヤーでもOK。曲げれるものがいい。
  • 普通のUピン
  • グルーガン
  • はさみ
  • 平ヤットコ(あると便利)

まずは大きいお花のヘッドーパーツをつくっていきます。

大きいお花のヘッドパーツ

1.造花なら花を引っこ抜く。

造花はだいたいガク(花の付け根の部分)から取れる様になっているので取り除きます。

取れないなら切りましょう。

2.細めのUピンをつぶす。

平ヤットコで細いUピンを潰し細くします。

細いUピンがないならワイヤーでもOK。

花の茎が差し込んであった穴に入るぐらいの太さにします。

3.グルーガンをつけて花にくっつける

先端にグルーガンをつけます。花の穴にグルーガンをつけてもOK。

熱いので要注意。

お花に差し込み固まるまで待ちます。

4.Uピンをくっつける

細いUピンだけくっつけてフローラルテープを巻きつけるのもありですが大きい花はしっかりとしたUピンをつけたほうがいいと美容師の友達がいっていたので普通のUピンをくっつけます。

花の付け根にグルーガンをつけてUピンをつけて固めます。

細めのUピンと普通のUピンの片側を重ね合わせる様にするのがポイント。

5.フローラルテープを巻きつける

フローラルテープを巻きつけて行きます。

フローラルテープを触ると、「え?粘着しないじゃん?」と思うかもしれませんが、テープを伸ばせば粘着性がでてきます。

横に伸ばすと裂けちゃうので縦にひっぱりながら伸ばしましょう。

最後細くさせて巻き終わらせるといいかも。

これで完成。

今回フローラルテープの色は濃い緑にしたけど、よくよく考えるとブラウンや黒の方が目立ちにくいかも。

次に小さいお花のヘッドパーツを作っていきます。

小さいお花のヘッドーパーツ

1.お花をカット

がくより少し下でカットします。

2.細いUピンをグルーガンで固定

大きいお花の時の様に細いUピンを潰して茎に沿ってグルーガンでくっつけて固まるまで待ちます。

3.フローラルテープを巻きつける

小さな花なら細いピンだけでOK。フローラルテープを巻きつけて完成です。

簡単にですが動画でもご紹介しています。

実際につけてみた

 

お団子は適当でごめんなさい。

つけてみるとこんなかんじ。おだんごに差し込むだけなので簡単。

おだんごヘアにして自分にくっつけながらバランスをみて作っていくといいかも。

ちょっとマムが安っぽい気がするのでもう少し模索してみます。

まとめ

総額約4,500円で可愛いヘッドパーツができました。

今回は造花とドライフラワーで作りましたが、プリザーブドフラワーだともっとかかる可能性があります。

ピンをつけてテープを巻きつけるだけなのでとっても簡単。

反省点としてはフローラルテープをブラウンか黒にすればよかったかな。

簡単なのでぜひ作ってみてください!

ブログ村に登録しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です