結婚式打ち合わせ3回目!ウェディングケーキと装花・ブーケについて

昨日は3回目の打ち合わせをしてきました。

今回はウェディングケーキと装花の打ち合わせです。

ウェディングケーキの打ち合わせ

ビアンカーラではパティシエの方が直接打ち合わせを行なってくれます。

作る人に直接あーしたいこーしたい言えるので漏れなく伝わるのがいいですよね。

ウェディングケーキは高さのあるロイヤルケーキ(イミテーション)と生ケーキの二種類から選ぶことができます。

それぞれのメリット・デメリット

ロイヤルケーキ

【メリット】

  • 高さがあるからゴージャス感がでる
  • 遠くからでも写真が撮れる
  • イミテーションなのでずっと置いておける
  • お客さんに配るケーキは別で用意してくれる
【デメリット】

  • 金額が生ケーキよりも高い
  • 食べれる箇所が一部だけ

生ケーキ

【メリット】

  • ロイヤルケーキよりも安い
  • いろんなアレンジができる
  • 食べれる箇所が多い
【デメリット】

  • アレンジによってはロイヤルケーキと同額ぐらいになる
  • ずっと飾っておけない
  • 遠くからは写真が撮れない

ロイヤルケーキは平均で17〜18万円、生ケーキは12〜14万円が相場。

最初の見積もりで一番低い金額(5万円ぐらい)でつけられていたのでちょっとなめてました。

話を聞いていくとアレンジをしたり、ケーキの高さをだすほど金額を高くなるらしいです。

そんなにケーキにお金はかけなくてもいいかなと思っていたのですが、パティシエの方いわく「ケーキカットは大きな見せ場なのでこだわったほうがいい」とのこと。

可愛いケーキがいいけど、金額とのご相談なのでとりあえず、ロイヤルケーキと生ケーキの両方の案をつくってもらうことにしました。

その場でデザイン画を描いてくれる

ケーキの形式が決まったらどんなケーキデザインがいいか伝えてその場でパティシエの方が描いてくれます。

なのでケーキの打ち合わせの際は事前にどんなケーキがいいか決めておき写真などを用意しておくと良いでしょう。

私は今注目されているフルーツの断面を側面に飾ったビタミンカラーのケーキにしてもらうことに。

色鉛筆などを使って綺麗に描いてくれます。ここまでしっかり描いてくれるとは思わなかった。

色指定やここにこのフルーツ乗せてほしい!ここに二人のマジパンをのせてほしいなど細かく指定していきます。

生ケーキのデザインも同様に綺麗にデザインしてくれます。

出来上がりは本番になるので今から楽しみです。

装花打ち合わせ

続いて装花の打ち合わせです。

装花はお花のことで挙式会場や披露宴会場・自分で持つブーケなどお花に関することを決めていきます。

  • 高砂装花
  • ケーキ装花
  • マイク装花
  • ゲストテーブル装花
  • ブーケトス用のブーケ
  • ブーケ
  • ブートニア

などを決めました。

高砂装花について

高砂装花は5万円からで金額をアップしていくと選べる色や花の種類、小物の種類が増えます。

5万円、7万円は色の種類が1〜2種類で花も選べないので却下。

婚礼展で2万円分の福袋を購入していたので10万円の装花にして福袋を使って2万円分グレードアップしてもらうことに。

12万円にすると花の種類も色も選び放題。小物やチュールも飾ることができるのでかなりゴージャスになります。

ただ、ちょっと難しいなと思ったのは新郎新婦の衣装や会場の雰囲気テーブルクロスのカラーを考慮して選ばなければ統一感がなくなります。

これを考えるのがちょっと大変。私たちはまだテーブルクロスが決まっていないので決めにくかったです。

イエローをメインとした結婚式にする予定なので緑・白・黄色・青・紫濃淡をつかった装花にすることにしました。

ブーケについて

私は結婚式は絶対クラッチブーケを持つ!と決めていたのですがここで問題発生!

なんでも、クラッチブーケは水につけることができないからお色直しぐらいになると花が萎えてくる持ちがよくないとのこと。

そのため、お色直しからは別のブーケを持った方がいいと担当の方に勧められました。

お金かかるー 🙁 

ちなみに水につけることができ長持ちするブーケはラウンドブーケ、キャスケードブーケ、ティアドロップブーケの三種類。

この3種類の中ならキャスケードブーケが好み。でもクラッチブーケは諦めきれない。

インスタグラムでビアンカーラであげた卒花嫁さんがクラッチブーケを挙式から最後までもっていたので持ちはどうだったか聞いたところ「私は水につけてくれましたよ!花によりますが二次会まで持つことができました!ただ、外側の小花はくたってきてしまいますね。」とのこと。

水につけてくれるんかーい!ということで希望の道が少しできました!

この日はブーケが決めれなかったので保留にしてもらいました。

あと、ブーケはウェディングドレスとお色直しのドレスに合わせた色味にしなきゃいけないからデザイン考えなくてはいけません。

ヘッドパーツとも統一させたほうがいいからもうちょっと考えなくては。

今回の反省点

  • ウェディングケーキのデザイン考えておけばよかった
  • 自分がどんなブーケを持ちたいかもっと絞っておけばよかった
  • 全体の雰囲気をもうちょっと固めればよかった

打ち合わせの前にある程度固めておいた方が良いってことが学べました。

装花とケーキはもう少しじっくり考えてみます。

 

 

ブログ村に登録しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です